国内活動〜森林整備活動

森林整備活動の目的

日本の森は、植えることより切って使うことが急務。まずその現実を知りましょう。

砂漠と違い、緑豊かな森に覆われた日本。一方で、「森が荒れている」、「里山が・・」などと言うことを良く聞きますが、どういう事なのでしょうか。実は、日本の森林に関する問題は、かなり複雑です。緑化ネットワークなりに整理してみました。

(1)森林大国なのに木材輸入大国という矛盾

温暖湿潤な気候に恵まれた日本は、国土に占める森林の割合が世界トップクラスの森林大国です。一方、木材の国内自給率は20%未満で、木材輸入量も世界で12を争います。本来なら、国内林の年間生長量だけで需要の8割が賄えるほどの、日本で唯一と言っていい自給可能な資源である森林には手を付けず、世界中の森林を伐採して使っているのです。戦後、世界的に森林資源は急速に減少していますが、日本は逆に資源量を増やしています。それは、この奇妙な現象の結果です。つまり、日本の森が抱える大きな問題の一つは、森林資源枯渇ではなく、不適切な利用と管理・保全なのです。

(左)木材自給率の変遷(農業センサスより)(右)国内森林資源量の推移(農業センサスより)


(2)戦後復興・高度経済成長と日本の森林

戦後復興から高度成長期の木材需要を賄うため、1960年代初頭には林産物輸入が自由化され、安価な外材が大量に輸入されました。同時に日本の森林は、奥山の原生林までも伐採して主にパルプ材などに使われ、跡地には拡大造林という政策の元で建材に適したスギやヒノキが植えられてきました。現在、そうした人工林は、全森林の4割を占めます。そして、ちょうど戦後まもなく植えた木が利用可能になり始めた1970年代初頭、皮肉にも木材の自給率が50%を割り込みます。原因は、高度成長を遂げた日本の社会・経済における質的変化です。人件費や輸送・エネルギーコストが高騰。引き続き安価で流入する外材に価格面で対抗できなくなっていました。また、石炭・石油など化石燃料の導入や化学肥料の普及により、燃料の薪炭や有機肥料であった落ち葉や堆肥の需要が根絶します。林産物に加えて農産物も徐々に安価な輸入品に取って代わられ、農林業が衰退。農林業から商工業への転換は、農山村の人口が激減させ、林業労働者の半数近くが60歳以上の高齢者で占められている上、深刻な担い手不足に直面しています。林業は、低価格と高コスト・人材不足という危機に直面しています。



(3)経済状況の変化で「利用価値」が無くなった森

また、伐採・利用を目的に植えたスギ・ヒノキ林は、担い手不足や競争力の低下から経済性を失い、荒れに任せ放置されてしまいました。30年生のスギの立木と、大根一本の値段が同じだという皮肉さえ囁かれるほど、林業は産業として成り立たなくなりました。無理に奥山まで植えたため、林道を整備したりクレーンを張ったりしなくては搬出できなくなったことや、高い賃金が足かせとなり、山主には立木一本で数百円しか入らないことも珍しくありません。また里山も、手入れをして蒔きを取ったり、シイタケの原木として利用してきたものの、そうした利用がされなくなり経済林と同様に放置され荒れる一方。つまり、利用を前提とし管理し続けることが必要な森林であるにも係わらず、経済的に魅力が無くなったために放置していることが、日本の森林の2番目の問題です。数百年、数千年かければ、自然にその土地の植生に合った状態(=極相林)に戻りますが、その間、スギ花粉を始め、土砂崩れや河川流量の低下など、様々な問題に人間が耐え続けなくてはなりません。また、健全な人工林や里山に育まれた日本古来の文化・生活、生態も失われてしまいます。


(4)消費者のもつ力

これら社会経済の変化は、時の政府や国際情勢だけに帰するものではありません。消費者1人1人が生み出したという側面も否定できないでしょう。例えば、住宅は、従来の木造軸組工法から、アメリカで開発されたプレハブ工法に変わりました。これは、工場で材を乾燥させ、プレカットしたモジュールを現場で組み立てるもので、工期も短縮され、また事前乾燥させているため材の割れや狂いも少なく、安価且つ大量供給が可能です。外材は、こうした安価且つ大量の需要に応え、大手住宅メーカーのほとんどが外材を使用しています。逆に、街の工務店は、乾燥やプレカットに使う工場を持てないこともあり従来工法での施工が多いのですが、工期が長く材も狂いやすい従来工法や地元の材は淘汰されていっています。しかし本来、住宅は、その土地で育った材を使い、その土地の気候風土に合わせた工法で造るのが最も長持ちします。現に日本は、一般住宅の寿命が先進諸国に比べ圧倒的に短いことが知られています。しかし、安価で短期間に出来上がるような住宅を求めたのは、我々消費者です。地元の材や職人の技術を守り、文化を継承し、結果的に長持ちする住宅を手にするのもこうした1人1人の消費者の知識や思いに依存するところが大なのです。


(5)消費者の「関わり方」

では、我々市民には何ができるのでしょうか。林業は、長い年月がかかる上、高度な知識と経験を必要とし、重労働で危険も伴うきつい仕事です。素人が労働力として一朝一夕に貢献できるほど甘くありません。そこで市民の多くは、まずは消費者として林業とどう関わり、支えていくかを考えていくのが自然です。そのためには、まず知ること。それも、体験を通じて森や林業を理解することが一番の近道なのではないでしょうか。とかく、経済価値、商品としての価値しか見てこなかった我々。消費者だけではなく、市民としての視点や、また消費者としても賢い消費者になることが大切です。さらに、森に入ると気持ちが良く、癒されます。レジャーとして楽しみながら参加することで、消費者と生産者の垣根を越え、理解を深め、新しい森との関わり方を模索することが、この活動の目的なのです。その先の答えはまだありません。山によって、里によって答えはまちまち。係わる人とその場所が、時代と共に答えを作り出していくべきものなのでしょう。そうしたことに係わることがなにより楽しいのではないでしょうか。