ボランティアツアー

旅の行程(2)

5泊6日の旅の様子を前後半でお伝えします。後半はいよいよ作業、そしてそれ以外にも楽しさ満載の旅の醍醐味をお伝えします!

●これから始まる楽しい旅!

現地に着いたらひたすら作業!だけではないのがこのツアーの醍醐味。様々な魅力満載のレアでエコで楽しい旅の後半をご紹介します!


(5)様々な緑化作業

その後三日間は、季節に応じて様々な緑化作業をしていただきます。緑化は植えるだけではありません。当会では、様々な作業を体験していただき、それをご理解いただきます。詳細は「緑化作業編」をご覧ください。


(6)旅の合間のお楽しみ

旅の合間には、お土産を買いに行ったり、街を散策したりも。街は意外に綺麗で、ここから車で30分の所に砂漠が広がっているとは思えない発展ぶり。スーパーやちょっとしたコンビニのような商店もあり、日常品は何でもそろいます。詳細はこちら、カンヂカマップへ。お奨めは、1時間弱で約450円と格安の足裏マッサージ!毎日通う人もいらっしゃいます。(街&足つぼ)。また、夜は屋台へ繰り出して現地ならではの食材を串焼きにしてチャレンジするのも恒例となっています。詳細は、こちらもカンヂカマップをご覧ください!


(7)ワークショップ

作業最終日は、ワークショップを行います。これは、体験したことを参加者同士で共有し、定着させるための簡単なゲームです。感動だけなら誰でもできますが、気づきや想いを持ち続けることは、帰国してから最も大切で、難しいこと。それを、みんなで楽しみながら共有し、一番のお土産にしてもらうイベントです


(8)いよいよ帰国。大都会瀋陽を経て

現地日程が終了したら、また瀋陽を経由して日本へ。僅かの間にもかかわらず、田舎に馴染んでしまうと、同じ国とは思えない大都会の瀋陽の喧噪に驚いてしまいます。まさに、格差を体験する瞬間です。


あっという間の1週間。帰りの飛行機ではゆっくりお休みください。同じ釜の飯を食うと、寝相まで似てしまうのでしょうか・・お疲れ様でした!